ケーススタディ

Fortress Interlocks

Fortress Interlocks 社:PROFIsafe を簡単に実装

Fortress Interlocks 社が、Ixxat Safe ソリューションを使用して、amGardpro シリーズにどのように安全通信を実装したのかをご紹介します。

TÜV による事前認証は、確実に大きな助けになりました。
Rob Johnson
Fortress Interlocks Ltd.

イギリスに拠点を置く Fortress Interlocks 社は、工業用途の高品質な安全インターロックシステムを製造しています。同社のインターロックは、機械によって作業者や機械自体に危害が加わることを阻止するために使用します。ドアが開いている、またはボタンが押されるなど、ある特定の状態が発生したときは常に機械の動作を停止します。 

背景

近年 Fortress Interlocks 社は、PROFIsafe 対応のインターロックソリューションに対する需要がますます高まっていることを認識していました。PROFIsafe は特にドイツの多くの自動車メーカーで広く選ばれ、PROFINET ネットワーク内で使用される安全規格です。

同社の Senior Electronics Engineer である Rob Johnson 氏は次のように述べています。「PROFIsafe や CIP safety、FSoE などの統合された安全ネットワークへの関心はここ数年で大きくなっています。速やかに PROFINET ソリューションを提供可能にしたいと考えたのが、HMS に問い合わせた理由です。HMS には PROFINET とPROFIsafe に対応する包括的な機能安全ソリューションが揃っていること、そして、そのソリューションの柔軟性の高さにより、当社のモジュラーアプローチとぴったり合うことを認識していました。また、今後のロードマップに CIP-safety と FSoE 向けのソリューションの開発予定が含まれていることも知っていました。」

HMS 製品のはたらき

同社が実装することを決めたのは、安全 I/O シグナルを制御する包括的な機能安全モジュールである Ixxat Safe T100 でした。Ixxat Safe T100 は、通信モジュールである Anybus CompactCom と共に動作します。

非安全通信は Anybus CompactCom を使用して処理され、安全 I/O シグナルは CompactCom を(ブラックチャネル原理を用いて)通過し、Ixxat Safe T100 に到達します。

実装の結果

同社は HMS との連携を通して、新しい技術領域への進出を速やかにより少ない資本投資で実現しました。

PROFINET やそのほかの産業用ネットワークにつながる安全な通信を提供できることにより、同社は市場優位性を獲得しています。

Fortress-safety

Ixxat Safe の外観
Ixxat Safe T100 は、PROFIsafe レイヤー、3 つのデュアルチャネル入力、そして 1 つのデュアルチャネル出力を実装します。Anybus CompactCom が非安全通信を処理し、安全通信をブラックチャネル経由で Ixxat T100 にルーティングします。