ケーススタディ

Schaeffler_CANblueII

Ixxat CANblue II で運転テストをより明確に

Ixxat CANblue II は、テスト用車両の ECU を Bluetooth でタブレット PC に接続し、車両データを表示することで運転テストをより分かりやすくします。
電気や電気部品の固定配線は「通常の」方法ですが、実装が難しいケースもあります。Ixxat CANblue II のおかげで、当社の車両テストの環境ではほぼ不可能である常設配線を避けることができました。
CHEN Xin – Software Manager
Schaeffler Engineering China
お客様について

Schaeffler Group は世界的に勢いのある自動車部品や工業部品のメーカーです。Schaeffler Group は転がり軸受や滑り軸受のソリューションだけでなく、エンジンやトランスミッション、シャーシ向けの高精度な部品やシステムを幅広い工業的使用を目的として提供し、「Mobility for Tomorrow」の形成に重要な役割を果たしています。また、世界最大規模の同族企業のひとつとして世界で 89.400 名の従業員を擁し、50 か国以上の 170 の地域にオフィスを構えています。Schaeffler Engineering 社は 15 年以上ものあいだ、その Schaeffler Group の一員としてエンジニアリングソリューションやパワートレイン検証、製品の部門にさまざまなサービスを提供しています。


同社が抱えていた課題

Schaeffler Engineering 社は、エレクトロモビリティの分野での同社製品の性能を「実在するもの」上で実証するため、長年デモ用自動車のプロジェクトを進めてきました。いくつかのプロジェクトでは車両間ネットワーク(IVN)の中央制御装置で使用できる CAN 形式の一定の車両データを取得することが有益で、それぞれのテストドライバーが使えるようにしていました。テストのために車両の電気設備に「一時的に」データを書き込むことは困難または不可能であるため、同社の制御装置から送られてきた車両の情報、つまり適合したパワートレインとエネルギーのフローを視覚化することができませんでした。そのため、テストドライバーは車両の動作状況をリアルタイムで把握できませんでした。