ブリッジ / ゲートウェイ / ルーター

フィルターやシンプルな解釈ルールを使用した
ネットワークおよびデバイスの簡単なカップリング


Ixxat のブリッジ、ゲートウェイ、ルーターは、CAN テクノロジー、Ethernet、WiFi、Bluetooth のいずれかを使用して CAN および CAN FD ネットワークの相互接続を行います。フィルターおよびマッピングのルール、または C ユーザーコードにより、セグメントのスマートな切り離しが可能です。ブリッジやゲートウェイを使用することで、CAN(FD)ネットワークの最大拡張数を増やすことができ、ツリー型およびスター型トポロジーの実装や、長距離にまたがるネットワークのリンクも可能になります。 

Bridges and Gateways
HMS_web-icon_Power-Energy

デカップリング

ネットワークのセグメント化とコンポーネントのデカップリングが簡単に行われ、システム全体の信頼性が向上

HMS_web-icon_Interfaces

リモートアクセス

有線または無線による相互接続やリモートアクセスによって、テストベンチへのアクセスが簡単になり、設定やサービスツールへのアクセスがフレキシブルに

HMS_web-icon_Cloud

クラウド接続

Ethernet を介した MQTT、OPC UA、HMS Hub のクラウド接続で、ステータスやアラーム、メッセージをモバイルデバイスに表示可能


CANbridge NT 200/420

設定可能な CAN FD 対応 CAN-to-CAN ブリッジ / ルーター

CANbridge NT には、標準的な CAN チャネルを 2 つ備えた CANbridge NT 200 と、CAN チャネル 4 つのうち 2 つを CAN と CAN FD 間で切替可能な CANbridge NT 420 の 2 機種があります。どちらの機種も、異なるビットレートやフレーム形式(11/29 ビット ID)の場合でも、簡単に CAN(CAN FD)ネットワークの接続が可能です。
本製品は、メッセージフィルタリングや ID 変換、データ多重化(CAN FD から CAN メッセージ変換に必要)を実行できるパワフルなマイクロコントローラーを実装しているため、高データレートが連続した場合でも、メッセージを損失することなく処理することが可能です。

1.01.0331.20000, 1.01.0331.42000

CANbridge NT 200/420

機能と特長

機能

  • 1 台に 4 つの CAN (2 つの CAN FD )チャネル
  • パワフルなフィルター、ID 変換、データマッピング、多重化機能
  • イベントトリガーの「Action Rules」によりあらかじめ設定した動作の実行が可能
  • LUA を使用した、あらゆるタイプのアクションルールのプログラミング
  • 設定やファームウェアアップロード時のデバイスアクセスのセキュリティレベル設定
  • USB での設定が簡単な Windows 設定ツール

特長

  • CAN、CAN FD システムやデバイスを簡単に接続
  • シンプルな配線によるコスト削減
  • システムの拡張やツリー型/スター型トポロジーの構築
  • システム信頼性の向上
  • ガルバニック絶縁による回線保護

製品内容

  • CANbridge NT 200 または CANbridge NT 420
  • CAN -Gateway Configurator(CD)
  • マニュアル
  • Mini USB ケーブル

技術的な仕様

CAN ボーレート
標準 CAN:5 ~ 1000 kBit/s、CAN-FD:5 ~ 8000 kBit/s 
CAN バス終端抵抗 なし
CAN トランシーバー Texas Instruments 社製 SN65HVD251P
最大バスノード数 120
電源 9 V ~ 36 V DC
消費電流 通常 110 mA (入力電圧 24V 時)、220 mA(入力電圧 12V 時)
ガルバニック絶縁 1 kV 1 秒間
動作温度 -40 °C~+85 °C
保護等級 IP20
サイズ 114.5 x 99 x 22.5 mm
重量 約 150 g
認証 CE、FCC、UL

動作のしくみ

電気信号を変換するだけの CAN Repeater とは異なり、CANbridge NT は CAN メッセージをすべて受信し、既存のフィルターや変換、ポートマッピング、多重化ルール(Store-Forward 方式)に基づいて他の CAN または CAN FD ネットワークに送信します。2 台の CANbridge NT 420 を使用することで、CAN FD ネットワーク(CAN トンネル)を介して 2 つの標準 CAN ネットワーク間でメッセージ送信が可能です。

 

CANbridge NT 200 Network CANbridge NT 420 Network

フィルタリングと多重化
マッピングテーブルを使用することで、すべての 4 チャネル間でメッセージの受信/送信が可能です。また、CAN や CAN FD メッセージのフィルターや変更は、フィルターや変換ルールによって行うことができます。このメカニズムでは、他のネットワークに必要なメッセージのみを送信することにより、各ネットワークのバス負荷が軽減されます。SAE J1939 のアプリケーションには、固有のパラメーターに合わせた特別なマッピングテーブルが提供されます。データ多重化/逆多重化機能により、例えば CAN FD データを複数の標準 CAN メッセージにマッピング(Demultiplexing)したり、逆に標準 CAN メッセージを CAN FD データにマッピング(Multiplexing)することができます。 

Action Rules(アクションルール)
受信メッセージやデバイスまたは CAN バスステータスイベントに応じて、メッセージ(CAN、CAN FD)の送信やデバイス設定の変更、デバイスの LED の切り替えなど、さまざまな動作を自動的に実行することができます。Action Rules は、Windows ベースのデバイス設定ツールのイベントや動作に関する直感的なドロップダウンメニュー、または LUA スクリプトを使って作成されます。

サイクリック伝送
サイクリック伝送機能でメッセージを周期的に転送することができます。メッセージとサイクルタイムの両方をひとつの Cyclic Transmission テーブルで定義します。 

設定

CANbridge NT の設定とファームウェアのアップロードは、USB インターフェースから Windows 設定ツールを使用して実行します。このツールにより、プログラミングスキルがなくても、フィルターやマッピング、多重化、変換ルールを簡単に設定することができます。

CAN@Net NT and CANbridge NT Configuration Tool
CANbridge NT および CAN@net NT 向け Windows 対応設定ツール

型式

1.01.0331.20000 CANbridge NT200 - CAN チャネル × 2 
1.01.0331.42000 CANbridge NT420 - CAN チャネル x 4(2 つは CAN FD に切り替え可)

    関連製品


アプリケーション - ブリッジやゲートウェイの使用例



ワイヤレスの Bluetooth によるネットワークを相互接続することで、アクセスが困難であったり動くコンポーネントのネットワーク接続が実現



Bridging CAN via Bluetooth

Ethernet による解析のためのリモートアクセス、さらに MQTT ベースのクラウド接続を使用したモバイルデバイスでのステータスおよびアラームメッセージの通知 


automotive-use-cases-bridges2

Ethernet による長距離のブリッジにより、テストベンチとテストシステムを接続


Remote access for test systems

自動車用バスを HMS Hub や OPC UA ベースのアプリケーションに簡単にリンク


CANnector linking automotive buses with HMS Hub and OPC UA based applications

 


カスタマイズソリューション

標準品ではお客様の要件を満たさない場合は、開発サービスや OEM ソリューションで対応させていただきます。

カスタマーリファレンス

汎用性のある HMS のソリューションは、さまざまなアプリケーション分野や業界で使用されています。

アクセサリー

HMS では、Ixxat Automotive 製品のアクセサリーとして、FRC-EP プラットフォームに対応するケーブルや終端抵抗、ブレイクアウトボックスをご用意しています。
カタログ

Ixxat Automotive ソリューションカタログ

自動車テストシステム向けのハードウェアやソフトウェアツールなどの Automotive ソリューションをご紹介する最新カタログのダウンロードはこちらから