シミュレーション


シミュレーションおよび解析
RBS(Residual Bus Simulation)
MATLAB/Simulink に基づく機能シミュレーション
仮想化

Ixxat シミュレーションソリューションでは、通信ネットワークで欠けている(ECU の)コンポーネントの通信動作をシミュレーションすることができます。通信シミュレーション(RBS)は、使いやすいツールでネットワークディスクリプションファイルに基づいて設定され、コーディングの必要はありません。機能シミュレーションは、スクリプト、C ユーザーコード、または MATLAB/Simulink モデルによる実装が可能です。スタンドアロンまたは PC ベースのシミュレーションのどちらにするかが選択可能です。時間を無駄にしたくない、そんな場合に Ixxat シミュレーションソリューションをお勧めします。

Automotive Simulation Solutions

 


PC ベースとスタンドアロンのどちらを選択されますか?



 

automotive-simu-wt-pc-based-standalone

PC ベースのシミュレーションは、PC インターフェース、FRC-EP170/190、CANnector のいずれかを使用して実行することができます。たとえば CanEasy などのアプリケーション自体が PC 上で実行されます。この実用的なアプローチはフレキシブルで実装が簡単ですが、あいだに存在する複数のレイヤーにより、リアルタイム処理性能に制限があります。

RBS のようにリアルタイム処理を重要視するアプリケーションは、FRC-EP170/190 または CANnector プラットフォーム上でスタンドアロンで直接実行することができます。バスやパワフルなローカルのプロセッサーと直接接続することで、低遅延やリアルタイム処理が可能になります。アプリケーションやデバイスの設定は Ixxat ACT から簡単に行えます。



アプリケーション例
PC およびスタンドアロンのアプリケーションについて


 

PC ベースの開発


PC-based simulation with manual signal simulation

シンプルな手動でのシグナルシミュレーション
バスアクセス向けの PC インターフェースとウィジェット内蔵の CanEasy を使用

PC-based simulation with integrated programmed simulation

プログラミングされたデバイスシミュレーション
総合的なプログラミング機能を備えた CanEasy を使用してシンプルで自動化されたシグナルシミュレーションを実行

PC-based simulation with Matlab-Simulink

MATLAB/Simulink および CAPL で CanEasy を拡張
複雑な PC ベースのシステムやデバイスのシミュレーションを可能に


スタンドアロンでのテスト

Standalone simulation - Gateway

ゲートウェイアプリケーション
複数の物理ネットワークおよび論理ネットワーク間で、MATLAB/Simulink モデルや C ユーザーコードをリアルタイム対応のハードウェア上で直接実行

Standalone simulation - Test bench

従来のテストベンチアプリケーション
DuT(テスト対象のデバイス)を存続させ、EtherCAT マスターなどを介してデータ交換や入力を実行するチェックサムおよびアライブカウンター付きの RBS

Standalone simulation - Virtualization and Remote management

クラウド接続
クラウドまたはシステムのリモート管理に接続するバスシステムの仮想化



特長
クリックして表示

HMS_web-icon_Embedded

スタンドアロンまたは PC ベース

スタンドアロンまたは PC ベースのどちらでも操作できるパワフルなハードウェアプラットフォーム

HMS_web-icon_Interfaces

多様な動作モード

シグナルベース、フレームベース、ミックスモードから簡単に選択

HMS_web-icon_protocol-translator

さまざまなデータ形式

DBC、LDF、ARXML、Fibex、ESI、MDF、BLF、ASC、CSV に対応

HMS_web-icon_auto-updates

データレコーディング

インターフェースデバイス自体または PC 上での転送データの同時ロギング 

HMS_web-icon_Code

プログラミング

ハイレベルのデバッガー(ADK)Eclipse による C ユーザーコード、MATLAB/Simulink ベースのモデルまたは Visual Basic、C#/.net、VB net 

HMS_web-icon_installers-and-mainteners

簡単な設定

ドラッグアンドドロップや自動化機能を備えたさまざまなソフトウェアを提供して、ユーザーニーズに合わせて進化

ハードウェアとソフトウェアツールの対応表


Software Tool Standalone Realtime CANnector FRC-EP170 FRC-EP190 CAN/CAN FD/LIN Interfaces
ACT Standard Yes High *
ACT Light Yes Medium
ACT FREE Yes Medium
CanEasy Analyse, Logging and Replay No Low
CanEasy Simulation (Residual Bus Simulation [RBS]) No Low

* requires a special software runtime license on the hardware 1.02.0245.00000

PC ベースおよびリアルタイムスタンドアロンシミュレーションの必要条件と機能

 


  • PC-based
  • Realtime-Hardware
PC-based simulation
Standalone simulation
Hardware interfaces CANnector, FRC-EP170, FRC-EP190
 
Ixxat CAN interfaces

and other vendors (Vector, Peak, Kvaser, NI, Intrepid, MHS,  Melexis)
CANnector, FRC-EP170, FRC-EP190 
Software tools CanEasy
CanEasy

for analysis and simulation

Learn more...
ACT-Tool
ACT - Advanced Configuration Tool

(only required for configuration)

Learn more...
Required hardware PC Realtime (standalone) hardware
Embedded hardware
(CANnector & FRC-EP family)
Bus description files DBC, ARXML, LDF DBC, ARXML, LDF, Fibex
Bus systems CAN, CAN FD, LIN, Automotive Ethernet, FlexRay* CAN, CAN FD, LIN, FlexRay
Communicative simulation
Communicative cyclic/event-triggered simulation (without checksum and alive-counter) Automatically by using bus description files Automatically by using bus description files
Residual bus simulation
Residual bus simulation (RBS) with checksum, alive-counter, etc. PC with coding or CAPL import Realtime, automatically generation
Manipulation / Stimulation / Simulation
Functional simulation by Matlab/Simulink Matlab/Simulink on PC Matlab/Simulink on realtime hardware*
Functional simulation by coding Coding on PC C user code (integrated development environment with Eclipse) on realtime hardware*
Manual signal stimulation and visualization Signal panels / User-panels Websockets, CanEasy, canAnalyser Mini
Simple signal modulation Modulator Matlab/Simulink, C user code
Signal calculation, logical functions Formula editor, Visual-Basic, C#/.net, VB.net Matlab/Simulink, C user code
External Stimulation CAN, COM (e.g. Matlab/Simulink), Ethernet, RS-232 CAN, EtherCAT, FDX, XCP, Generic Ethernet, CAN@net, virtual CANonEthernet, CanEasy
Gateway
Gateway environment Plug-ins on the PC On realtime capable hardware*, configuration via drag&drop (signals, frames, PDUs, logical buses)
Data Logging
Data logging target on PC On SD-card or USB-device (realtime capable hardware*) or on other systems which are connected to the system

*realtime hardware: CANnector, FRC-EP170/190

シミュレーションアプリケーション向け製品の対応インターフェースや型式
クリックして表示

Order number / product name Galvanic
isolation 
FlexRay
A/B 
CAN
interface
count (total) 
CAN high speed  CAN low speed (C) CAN FD (B) (F) LIN EtherCAT
(Slave)
Analog in  Digital in/out
(A) (D)
Digital in/out
(A) (E)
Ethernet 10/100
Base-T
USB 2.0 device  USB 2.0 host SDHC slot  Internal WiFi
CANnector
1.01.0091.00000 CANnector S yes 0 6 6 0 2 2 0 0 0 2 1 1 2 0 0
1.01.0091.00010
CANnector L yes
0 8 8 0 4 2 0 0 0 2 1 1 2 0 0
1.01.0091.00100
CANnector S with EtherCAT yes
0 6 6 0 2 2 1 0 0 2 1 1 2 0 0
1.01.0091.00110
CANnector L with EtherCAT yes
0 8 8 0 4 2 1 0 0 2 1 1 2 0 0
FRC-EP170
1.13.0142.01002 FRC-EP170 CANonly no 0 4 4 1 0 1 0 0 4 0 1 1 1 1 0
1.13.0142.01302 FRC-EP170 Plus CANonly no 0 6 6 1 2 1 0 0 4 0 1 1 1 1 0
1.13.0142.01402 FRC-EP170 WLAN CANonly no 0 4 4 1 0 1 0 0 4 0 1 1 1 1 1
1.13.0142.01502 FRC-EP170 WLAN Plus CANonly no 0 6 6 1 2 1 0 0 4 0 1 1 1 1 1
1.13.0142.00002 FRC-EP170 no 1 4 4 1 0 1 0 0 4 0 1 1 1 1 0
1.13.0142.00302 FRC-EP170 Plus no 1 6 6 1 2 1 0 0 4 0 1 1 1 1 0
1.13.0142.00402 FRC-EP170 WLAN no 1 4 4 1 0 1 0 0 4 0 1 1 1 1 1
1.13.0142.00502
FRC-EP170 WLAN Plus no 1 6 6 1 2 1 0 0 4 0 1 1 1 1 1
FRC-EP190
1.13.0094.00107  FRC-EP190 Plus CANonly  yes  8 8 2
1.13.0094.10407  FRC-EP190 Max EtherCAT yes  1 8 8 2
1.13.0094.10507  FRC-EP190 FlexRay Plus 4 yes  1 8 8 2
CAN@net NT
1.01.0332.10000 CAN@net NT 100  yes 1 1 0
1.01.0332.20000 CAN@net NT 200  yes  2 2 0
1.01.0332.42000 CAN@net NT 420  yes  4 4 0
PC CAN Interfaces
1.01.0353.22012 USB-to-CAN FD Automotive  yes  2 2 0 1
1.01.0245.42012 CAN-IB640/PCIe yes  4 4 0 0 0
1.01.0233.22010
CAN-IB600/PCIe yes  2 2 0
Accessories
1.04.0143.00000  USB WiFi Extension  

 

(A) Input or output per software switchable
(B) only CANnector and FRC-series: 6/8 CAN in total, thereoff max. 2/4 CAN-FD capable
(C) 4/6/8 CAN in total, thereoff max. 1/2 Low-Speed CAN capable
(D) 4 digital inputs/outputs (5 V TTL)
(E) 4 digital inputs (max. 34 V), 4 digital outputs (max. 34 V, 1 ampere)
(F) only CANbridge NT 420 and CAN@net NT 420: max. 4 CAN in total, thereoff max. 2 CAN-FD capable 


Applications and vehicles

ご質問はこちらへ

製品についてのご質問、お見積など、どうぞお気軽にお問い合わせください。

カスタマイズソリューション

標準品ではお客様の要件を満たさない場合は、開発サービスや OEM ソリューションで対応させていただきます。

カスタマーリファレンス

汎用性のある HMS のソリューションは、さまざまなアプリケーション分野や業界で使用されています。

アクセサリー

HMS では、Ixxat Automotive 製品のアクセサリーとして、FRC-EP プラットフォームに対応するケーブルや終端抵抗、ブレイクアウトボックスをご用意しています。