設定


SG-gateway の設定は簡単かつ短時間で完了します。すべての機能をプログラミングなしのグラフィカルな方法で設定できます。ユーザーに焦点を合わせたアプローチによって設定にかかる時間が大幅に削減され、ユーザーはプロジェクトの重要な部分に集中できるようになります。


Configuration

4 つの簡単なステップで行う設定とプログラミング


IP Configurator

1 - IP アドレスの設定

Ixxat IP configurator で Ixxat SG-gateway を接続するネットワークをスキャンし、IP 設定を行います。

Main Settings

2 - 基本設定

ユーザー管理、ファイアウォール、OpenVPN、SNTP など、この Web ベースのインターフェースでさまざまな設定を行います。

Wizard

3 - 通信の設定

必要とするすべての通信インターフェースの設定をウィザードで行います。技術的な深い知識は必要なく、データポイントリストから属性を入力するだけです。

Editor

4 - マッピングとプログラミング

値のマッピングやオフセットの追加、ロジックのプログラミング、通知の設定などをグラフィカルなプログラミングインターフェースで行います。プログラミングスキルは必要ありません。

バックアップとロールアウト

設定内容はすべてまたは一部のみのバックアップを取ることができます。


種類が異なるデバイスで同様の部品が必要な場合、以前に設定したすべての内容、またはその一部だけが含まれる SG-gateway にバックアップファイルをアップロードすることができます。

Backup

データの保護

HMS は Ixxat SG-gateway に幅広いセキュリティメカニズムを組み込んでいます。動画やマニュアルなどのサポート資料を使うことで、データやネットワークを保護するそれらの機能を最大限活用することができます。

  • パスワードポリシーによるパスワード保護とユーザーロールのサポート
  • OpenVPN クライアント
  • TLS データ暗号化
  • 内蔵型ファイアウォール

openVPN

トラブルシューティング機能

Ixxat SG-gateway は数多くのトラブルシューティング機能を備えています

  • Event log
  • Network Ping
  • DNS 検索
  • Network Sniff
  • ライブデータビュー
Event logging
Debug
Analytics