ゲートウェイおよびブリッジ

CAN システム構成を多様化

 

ブリッジやゲートウェイを使用して、CAN または CAN FD システムをより広いエリアで接続または実装したり、CAN インターフェースを持たないデバイスを CAN システムに接続したり、Bluetooth や Ethernet、PROFINET 等の異なるテクノロジーを使用して CAN システム同士をつなぐことも可能です。

Gateways and Bridges

HMS_web-icon_LAN-Network

システムの拡張 

ゲートウェイとブリッジでより大きなシステムへの拡張やシステムの信頼性を高めることが可能に

HMS_web-icon_Cloud

クラウド接続

MQTT のクラウド接続で遠隔地からの監視や通知を実現(CAN@net NT)

HMS_web-icon_Finance

コストの削減

シンプルな接続と省配線でシステムにかかるコストを削減

HMS_web-icon_Drivers

Action rules(アクションルール)

イベントトリガーのルールを使用してさまざまなアクションを実行(CAN@net NT、CANbridge NT)

HMS_web-icon_Interfaces

データ操作

フィルターおよび変換機能でネットワークの負荷を減らし、さまざまなデバイスの相互接続をシンプルに

HMS_web-icon_protocol-translator

コネクションフレンドリー

Bluetooth、Ethernet、PROFINET、CAN、CANFD を使用して、距離の長いブリッジやシステムへの簡単なアクセス、古いデバイスのレトロフィットが可能

CAN@net NT 200/420

最大 CAN x 4 (CAN FD x 2)
CAN-Ethernet ゲートウェイ、ブリッジ、PC インターフェース

CAN@net NT には、標準的な CAN チャネルを 2 つ備えた CAN@net NT200 と、CAN チャネル 4 つのうち 2 つを CAN と CAN FD 間で切替可能な CAN@net NT420 の 2 機種がございます。どちらの機種も、PC インターフェース、ブリッジ、ゲートウェイの 3 つの動作モードでお使いいただけます。

マニュアル

CAN@net NT 420 & 200 Manual (英語)      CAN Gateway Configurator      CAN@net Generic Protocol

CAN@net NT 200 & 420

機能

  • 4 つの独立した CAN チャネル(2 つの CAN FD チャネル)
  • パワフルなフィルター、ID 変換、データマッピング、多重化機能
  • MQTT 対応により容易にクラウド接続
  • イベントによってトリガーされる「Action Rules」に基づく動作の実行が可能
  • USB または Ethernet を介して Windows 設定ツールで容易に設定
  • 設定またはファームウェアアップロードのためのデバイスアクセスのセキュリティレベルを設定可能
  • 厳しい使用環境においても高パフォーマンス可能な設計

特長

  • CAN、CAN FD システムやデバイスを容易に接続
  • Ethernet を使用して長距離をブリッジ、遠隔からのシステムアクセスが容易に
  • シンプルな配線で省コスト
  • システムの拡張やツリー型 / スター型トポロジーを構築可能
  • システム信頼性の向上
  • ガルバニック絶縁による回線保護
  • CAN@net NT 200 または CAN@net NT 420
  • ユーザーマニュアル
  • CAN Gateway Configurator CD
  • Windows 用 CAN VCI ドライバー
  • Mini USB ケーブル
Ethernet インターフェース: 10/100 MBit/s、ツイストペア、RJ45 コネクター
CAN トランシーバー Texas Instruments 社製 SN65HVD251P
最大バスノード数 120
CAN バス終端抵抗 なし
CAN ボーレート 標準 CAN: 5 ~ 1000 kBaudCAN-FD: CAN FD: 5 ~ 8000 kBaud
電源 9 V ~ 36 V DC
消費電流 通常 110 mA (入力電圧 24V 時)、230 mA (入力電圧 12V 時)
温度範囲 動作温度 -40 °C ~ +85 °C
保管温度 -40 °C ~ +85 °C
ガルバニック絶縁 1kV 1 秒間
認証 CE、FCC
筐体 ポリアミド、トップハット DIN レール取付
保護等級 IP20
サイズ 約 114.5 x 99 x 22.5 mm
重量 約 150 g

運転モード

CAN-Ethernet ゲートウェイ
CAN@net NT ゲートウェイモードでは、標準 TCP/IP ソケットを介してシンプルな ASCII プロトコルを使用し、Windows、Linux、VxWorks または QNX ベースのシステムや組み込みシステムからダイレクトにアクセス可能です。また、CAN-Ethernet ゲートウェイとして LAN またはインターネットを介して 4 つの独立した CAN システム(2 つの CAN FD)への柔軟で容易な接続を実現します。

PC インターフェース
製品に含まれる Windows 用 VCI ドライバーを使用して、CAN@net NT を IXXAT CAN PC インターフェースのように動作させることが可能です。CAN@net NT は、canAnalyser 等の VCI ベースの IXXAT ツール製品、また VCI ドライバーベースのお客様固有のアプリケーションと一緒にお使いいただけます。VCI CAN ドライバーは、最大 128 台の CAN@net NT と同時に通信することが可能です。

 

 CAN-at-net NT 420 in PC or Gateway Mode

 

CAN-Ethernet-CAN ブリッジ
CAN@net NT 420 を最大 4 台(CAN@net NT 200 の場合は 2 台)使用して、1 台につき最大 4 つの独立した CAN チャネル(CAN@net NT 200 の場合は CAN チャネル 2 つ)を持つ CAN-Ethernet-CAN ブリッジを実現します。このブリッジでは、既存の Ethernet ベースの通信インフラを使用して、TCP/IP を介して長距離の CAN システム間の CAN メッセージの交換が可能です。また CAN システムをセグメンテーションすることで、システム全体の信頼性と安定性が向上します。

CAN-at-net NT 420 Bridge

機能

フィルタリングと多重化
マッピングテーブルにより、すべてのチャネル間のメッセージ交換を非常に柔軟に設定することが可能です。CAN、CAN FD メッセージにフィルター及び変換ルールを適用でき、これにより関連メッセージのみ他のネットワークに送信されるため個々のネットワークのバス負荷が軽減されます。SAE J1939 のアプリケーションには、固有のパラメーターに適合した特別なマッピングテーブルが提供されます。データ多重化/逆多重化機能により、例えば CAN FD データを複数の標準 CAN メッセージにマッピング(Demultiplexing)したり、逆に標準 CAN メッセージを CAN FD データにマッピング(Multiplexing)することができます。

Action Rules 
受信メッセージやデバイスまたは CAN バスステータスイベントに応じて、メッセージ(CAN、CAN、CAN FD)の送信やデバイス設定の変更、デバイスの LED の切り替えなど、さまざまな動作を自動的に実行することができます。イベントと動作について定義する Action Rules は、Windows ベースのデバイス設定ツールの中で直感的なドロップダウンメニューを使用して作成します。

クラウド接続の MQTT に対応
CAN@net NT の MQTT 機能により、デバイスステータス、CAN/CAN FD データかにかかわらず、さまざまな情報のクラウドへの転送が可能です。Action Rules リストを使用して容易に設定可能です。一般的に無償で利用可能なブローカーサービスや APP(アプリ)を使用して、ステータスメッセージやシステム値をスマートフォンや他のデバイスに簡単に送信することができます。

サイクリック伝送
サイクリック伝送機能により、メッセージの周期的な転送が可能です。メッセージとサイクルタイムの両方をひとつの Cyclic Transmission テーブルで定義します。

CAN@net NT の設定及びファームウェアアップロードは、USB または Ethernet を介して Windows ベースの設定ツールで直感的に実行可能です。このツールにより、プログラミングスキルがなくても、フィルターやマッピング、多重化、変換ルールの設定を非常に容易に実行できます。

CANatNet NT & CANbridge NT Tool
CANbridge NT および CAN@net NT 対応 Windows ベースの設定ツール

型式

1.01.0332.20000 CAN@net NT 200 - 2 CAN channels *
1.01.0332.42000
CAN@net NT 420 - 4 CAN channels (2 switchable to CAN FD) *

 

* Please note: CAN@net NT 200 and CAN@net NT 420 can not be combined. For a CAN-Ethernet-CAN-Bridge please use either CAN@net NT 200 devices or CAN@net NT 420 devices.

ゲートウェイ/ブリッジの詳細と動作のしくみ
クリックしてアプリケーションサンプルを表示

CAN ブリッジおよび CAN ゲートウェイは、複雑なネットワーク構造を実装できるネットワークインフラコンポーネントです。

CAN ブリッジは、異なるビットレートまたはプロトコルの CAN ネットワーク同士をつなぐことが可能です。Store-(modify)-forward 方式に基づき、CAN メッセージが一方のサブネットワークから受信され、他方のサブネットワークに転送されます。変換やフィルタールールも使用可能なため、様々なプロトコルへの対応が可能です。CANbridge は CAN リピーターとは異なり、サブシステムがバスアービトレーションに関して完全に自己完結できるようネットワークの最大サイズの拡大を可能にします。ブリッジで接続された CAN サブネットワークは、リアルタイム動作に関してお互いに独立しているため、個別のネットワークとして見なされます。

他の伝送システムを使用したブリッジ機能も実行可能です。例えば、CAN-Ethernet-CAN のブリッジには、2 台の Ethernet-TCP/IP ゲートウェイで離れた場所に存在する CAN ネットワークを接続することが可能です。

CAN ブリッジの拡張として、CAN ゲートウェイは他の通信システム経由で CAN ネットワークへの接続を可能にします。いずれの場合も接続されたバスシステムのプロトコルが他の通信モデルにマッピングされます。

 
適用例:

CAN ブリッジ
CANbridge を使用して、ビル内の CAN システムを各階ごとに分離することで、システムを最大まで拡張することが可能です。


CAN Bridge Application Sample

CAN ゲートウェイ
CAN@net II/Generic を使用して、 CAN システムを Ethernet を介して長距離接続することが可能です。例えば、船上の制御室とエンジンルームを接続することが出来ます。


CAN Gateway Application Sample

ゲートウェイ/ブリッジの機能の比較
アプリケーションに適切な製品をお選びください

  • CANbridge NT420
  • CAN@net NT420
  • FRC-EP170/190
CANbridge NT420 CAN@net NT420
FRC-EP170/190
Ixxat Automotive 製品のパワフルなゲートウェイ/ロガーソリューション
CAN / CAN FD ポート数(最大) 4 4 8
デジタル I/O アナログ入力 0 0 4 / 4
フレーム/シグナルベースの設定 / - / - / (DBC, LDF, Fibex, ARXML )
シグナルの視覚化/
Web ブラウザ
- - Web ブラウザ/OPC UA/APP
フィルター
データロガー - - (SD カード、USB、PC)
プログラミング(C ユーザーコード) - - Eclipse IDE およびデバッガー付き
Matlab / Simulink / RBS - -
その他のインターフェース/プロトコル - ETH, MQTT Eclipse IDE およびデバッガー付き

ご質問はこちらへ

製品についてのご質問、お見積など、どうぞお気軽にお問い合わせください。
テクニカルサービス

開発サービスと OEM 製品

ブランドラベルの変更からハードウェア、ソフトウェアの修正、完全なカスタマイズ製品の設計まで、あらゆるサービスを提供します。
Industry

ひとつの製品から広がる多くのアプリケーション

産業オートメーションから自動車テストシステムに至るまで、HMS は幅広い産業およびアプリケーション向けにフレキシブルなソリューションを提供しています。

CAN 対応のすべてが揃います

HMS は、Ixxat と Anybus ブランドで CAN や CAN FD、CAN ベースプロトコルに対応した製品を 200 種以上取り揃えています。