ゲートウェイおよびブリッジ

CAN システム構成を多様化

 

ブリッジやゲートウェイを使用して、CAN または CAN FD システムをより広いエリアで接続または実装したり、CAN インターフェースを持たないデバイスを CAN システムに接続したり、Bluetooth や Ethernet、PROFINET 等の異なるテクノロジーを使用して CAN システム同士をつなぐことも可能です。

Gateways and Bridges

HMS_web-icon_LAN-Network

システムの拡張 

ゲートウェイとブリッジでより大きなシステムへの拡張やシステムの信頼性を高めることが可能に

HMS_web-icon_Cloud

クラウド接続

MQTT のクラウド接続で遠隔地からの監視や通知を実現(CAN@net NT)。HMS-Hub および OPC UA に対応(CANnector Bridge/Range)

HMS_web-icon_Finance

コストの削減

シンプルな接続と省配線でシステムにかかるコストを削減

HMS_web-icon_Drivers

Action rules(アクションルール)

イベントトリガーのルール(CAN@net NT、CANbridge NT)の使用、および C ユーザーコードの実行やグラフィカルなトリガーエンジン(CANnector Bridge/Range)によりさまざまなアクションを実行

HMS_web-icon_Interfaces

データ操作

フィルターおよび変換機能でネットワークの負荷を減らし、さまざまなデバイスの相互接続をシンプルに

HMS_web-icon_protocol-translator

コネクションフレンドリー

Bluetooth、Ethernet、PROFINET、CAN、CANFD を使用して、距離の長いブリッジやシステムへの簡単なアクセス、古いデバイスのレトロフィットが可能

CANblue II

アクティブ仕様 Bluetooth インターフェース
CAN(High-Speed)x 1

CANblue II は、3 つの動作モードにより幅広いアプリケーションに使用できる、低価格で用途の広い CAN Bluetooth モジュールです。 

ノートパソコンに搭載されている標準 Bluetooth インターフェースを使用して、CAN システムへのワイヤレス接続を可能にします。これにより、アクセスしにくい場所にあるコンポーネントであっても診断データの読み出しやシステム設定をシンプルかつフレキシブルに行うことができます。

複数台使用すると、ネットワークセグメントを相互にネットワーク化することができます。また、風力タービンなどの回転部品や可動部品への信頼性の高い接続を実現するほか、最大距離 200m のサブネットワーク間のブリッジが可能になります。故障しがちなスリップリング接続やコストのかかる多くの CAN 回線を導入する必要もありません。

従来の WLAN ソリューションに比べ、Bluetooth ベースの通信は通信距離とノイズ耐性に優れています。

1.01.0126.12000, 1.01.0126.12001, 1.04.0085.00001, 1.04.0085.00000, 1.04.0085.00003

CANblue II

機能と特長

  • 迅速な起動と接続
  • 広い伝送範囲
  • 低遅延、高データスループット
  • 柔軟な設定オプション(複数の CANblue II 組み合わせ)

製品内容

  • 本体、ユーザーマニュアル
  • Windows 用 CAN ドライバー VCI
  • CAN ツール「canAnalyser Mini」

技術的な仕様

Bluetooth インターフェース Bluetooth v4.0 EDR、最大通信距離 200 m
マイクロコントローラー 32-Bit マイクロコントローラー
CAN コントローラー CAN 2.0 A/B
CAN バスインターフェース ISO 11898-2、D-Sub 9 ピン(CiA 303-1 準拠)
ガルバニック絶縁 1 kV、1 sec.
電源 9-30 V DC、0.6 W
温度範囲 -40 °C~+85 °C
送信遅延(平均) 約 4 ms (最小遅延モード)
CAN パフォーマンス(1 Mbit 時) 100% バスロード
認証 CE、FCC、Telec
筐体 プラスチック、取付け穴有
保護等級 IP20
サイズ 82 x 64 x 26 mm

動作のしくみ

ブリッジモード
2 台の CANblue II を使用して CAN-Bluetooth-CAN ブリッジを設定することができます。メッセージ交換はレイヤー 2 で行われ、トランスペアレントです。CANopen や DeviceNet、またはお客様独自のプロトコルを使用したシステムでも使用可能です。CAN-ID フィルターは、Bluetooth によるデータ交換のために設定します。2 台以上の CANblue II を使用して、複数のバスを相互にリンクさせることが可能です。

ASCII/バイナリプロトコルモード
シンプルな ASCII コマンドと最適化された CAN バイナリメッセージに基づいて、CAN メッセージの送受信機能と CANblue II の設定機能を使用することができます。CANblue II は、Windows 以外のシステムや組み込みプラットフォームに適しています。

VCI ドライバーによる PC 動作モード
VCI CAN ドライバーに対応しているため、すべての Ixxat ツールおよびお客様のプログラムによる操作が可能です。また、既存の VCI ベースのアプリケーションプログラムやツールを使用して、CAN システムへの Bluetooth によるワイヤレス接続も簡単に実現します。

CANblue II Application Examples

アクセサリー

CANblue II 本体にアンテナは付属していません。

 

  • アンテナ
    RPSMA プラグスタブアンテナ、90°角度調整可能(長さ 10cm、1 dBi, 2.4 Ghz、インピーダンス 50Ω、半波長ダイポール、直線偏光)

  • 底面マグネットアンテナ
    底面マグネット付アンテナ、1.5 m ケーブルと RP-SMA コネクター(重量 109 g、直径 47 mm、高さ 45 mm、屋内/屋外使用設計、水分や湿度からアンテナが保護される場合に限る)

  • ねじ止め底面アンテナ
    ねじ止め底面アンテナ、2 m ケーブルと RP-SMA コネクター(重量 80 g、直径 28 mm、高さ 20 mm、取り付け穴直径 20mm + 0.2mm、屋内/屋外使用設計、水分や湿度からアンテナが保護される場合に限る)



    CANblue II Antenna CANblue II Antenna Magnet Foot CANblue II Antenna Foot

型式

1.01.0126.12000 CANblue II - アンテナ内蔵型
1.01.0126.12001 CANblue II - 外付けアンテナが必要(アンテナは本体に付属していません)

 

アクセサリー型式

(外付けアンテナを使用する機種向け)

1.04.0085.00001 外付けアンテナ
1.04.0085.00000 底面マグネット式アンテナ基台、1.5 m ケーブルと RP-SMA コネクター
1.04.0085.00003 底面ねじ止め式アンテナ基台、2 m ケーブルと RP-SMA コネクター

アクセサリー

タイプ 型式 製品イメージ
CAN 終端抵抗付 D-Sub 9 ピン コネクター 1.04.0075.03000 CAN-Termination
CAN ケーブル 1.04.0076.00180 Accessories CAN Cable
Y CAN ケーブル 1.04.0076.00001 Accessories CAN Y Cable
その他アクセサリーと詳細はこちら

    関連製品

この製品は次のオンラインショップでも購入が可能です。

https://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/222303524339/

HMS の販売代理店からの購入はこちら
定期購入や大量購入、検証用の実機サンプル貸与をご希望の際は、弊社販売代理店(システムパートナー)からの購入をご検討ください。

販売代理店を探す

ゲートウェイ/ブリッジの詳細と動作のしくみ
クリックしてアプリケーションサンプルを表示

CAN ブリッジおよび CAN ゲートウェイは、複雑なネットワーク構造を実装できるネットワークインフラコンポーネントです。

CAN ブリッジは、異なるビットレートまたはプロトコルの CAN ネットワーク同士をつなぐことが可能です。Store-(modify)-forward 方式に基づき、CAN メッセージが一方のサブネットワークから受信され、他方のサブネットワークに転送されます。変換やフィルタールールも使用可能なため、様々なプロトコルへの対応が可能です。CANbridge は CAN リピーターとは異なり、サブシステムがバスアービトレーションに関して完全に自己完結できるようネットワークの最大サイズの拡大を可能にします。ブリッジで接続された CAN サブネットワークは、リアルタイム動作に関してお互いに独立しているため、個別のネットワークとして見なされます。

他の伝送システムを使用したブリッジ機能も実行可能です。例えば、CAN-Ethernet-CAN のブリッジには、2 台の Ethernet-TCP/IP ゲートウェイで離れた場所に存在する CAN ネットワークを接続することが可能です。

CAN ブリッジの拡張として、CAN ゲートウェイは他の通信システム経由で CAN ネットワークへの接続を可能にします。いずれの場合も接続されたバスシステムのプロトコルが他の通信モデルにマッピングされます。

 
適用例:

CAN ブリッジ
CANbridge を使用して、ビル内の CAN システムを各階ごとに分離することで、システムを最大まで拡張することが可能です。


CAN Bridge Application Sample

CAN ゲートウェイ
CAN@net II/Generic を使用して、 CAN システムを Ethernet を介して長距離接続することが可能です。例えば、船上の制御室とエンジンルームを接続することが出来ます。


CAN Gateway Application Sample

ゲートウェイ/ブリッジの機能の比較
アプリケーションに適切な製品をお選びください

  • CANbridge NT420
  • CAN@net NT420
  • CANnector Range/Bridge
CANbridge NT420 CAN@net NT420
CANnector Range/Bridge
CAN / CAN FD ポート数(最大) 4 4 6 (thereof 2 CAN FD)
LIN 0 0 2
デジタル I/O アナログ入力 0 0 2 / 0
フレーム/シグナルベースの設定 / - / - / (DBC, LDF, Fibex, ARXML, ESI)
シグナルの視覚化/
Web ブラウザ
- - Web ブラウザ/OPC UA/APP
フィルター
データロガー - - ✔* (USB、PC)
プログラミング(C ユーザーコード) - - Eclipse IDE およびデバッガー付き
Matlab / Simulink - - ✔*
その他のインターフェース/プロトコル - ETH, MQTT USB, ETH, WLAN*, Bluetooth, EtherCAT slave*, 2 x CAN FD*
*optional
カタログ

CAN ソリューションカタログ

CAN および CAN FD 対応のさまざまな製品をご紹介する最新の CAN ソリューションカタログのダウンロードはこちらから
テクニカルサービス

開発サービスと OEM 製品

ブランドラベルの変更からハードウェア、ソフトウェアの修正、完全なカスタマイズ製品の設計まで、あらゆるサービスを提供します。
Industry

ひとつの製品から広がる多くのアプリケーション

産業オートメーションから自動車テストシステムに至るまで、HMS は幅広い産業およびアプリケーション向けにフレキシブルなソリューションを提供しています。

CAN 対応のすべてが揃います

HMS は、Ixxat と Anybus ブランドで CAN や CAN FD、CAN ベースプロトコルに対応した製品を 200 種以上取り揃えています。