IO モジュール

CAN, CANopen 及び EtherCAT 対応


CANio 250/500 及び ETCio 100 は、試験的な設定やテストベンチ、車両などのアナログ/デジタル入力及び出力信号をCAN、CANopen、EtherCAT システムにすばやく簡単に接続します。

IO Modules for CAN, CANopen and EthertCAT - Title

HMS_web-icon_protocol-translator

高い汎用性

堅牢な設計と幅広い電源電圧レンジによりさまざまな用途に使用可能

HMS_web-icon_Interfaces

アナログ & デジタル

1 つのデバイスがアナログとデジタル両方の入出力に対応

HMS_web-icon_installers-and-mainteners

設定

簡単な設定と多様な設定オプション

CANio 500

CAN 及び CANopen システム向け
汎用性のある I/O モジュール

CANio 500 は、デジタル入出力信号を CAN または CANopen システムに容易に接続することが可能です。実験環境やテストベンチ、または車載向けにお使いいただけます。

 

 

IO Modules - CANio 500 for CAN and CANopen
  • CANopen 及び CAN レイヤー2 ネットワーク最適
  • 4 デジタル入力 + Terminal 15 (0 ~ 34 V, しきい値 50 %)
  • 4 デジタル出力, 最大 1 A, 出力電圧は選択可能
  • 4 アナログ入力, 分解能 12 bit (+/- 5 V, または 0-10 V, または +/- 100 mA)
  • 4 アナログ出力, 分解能 12 bit (+/- 5 V, または +/- 10 V, または 0-5 V, または 0-10 V, ソフトウェアで切替可能)
  • 堅牢な設計と幅広い電源電圧レンジに対応し様々な用途に使用可能
  • 容易な設定と多様な設定オプション
  • お客様のハードウェアに直接実装するプラグイン機種有り
  • CANio 500
  • マニュアル
CAN プロトコル CAN, CANopen
CAN バスインターフェース ISO 11898-2
ガルバニック絶縁 有 (500 V DC)
デジタル入力 4 点 + Terminal 15 (0 ~ 34 V, しきい値50 %)
デジタル出力 4 点, 最大 1 A, 出力電圧は 32 V まで自由に選択可能

アナログ入力 4 点, 分解能 12 bit +/- 5 V, または 0-10 V, または +/- 100 mA
アナログ出力 4 点, 分解能 12 bit +/- 5 V, または +/- 10 V, または 0-5 V, または 0-10 V, ソフトウェアで切替可能
その他インターフェース  2 LED; 電源の計測
動作温度範囲 -40 °C ~ +70 °C
電源 6-32 V
プラグタイプ CAN: D-Sub 9 ピン; I/O: D-Sub HD15 ピン
保護等級 IP42
サイズ 120 x 82 x 32 mm

CANio 500 の主な機能は、柔軟に設定可能なデジタル及びアナログ信号の入出力です。分解能 12 bit の入力及び出力をそれぞれ4点持っています。アナログ入力は異なる電圧レンジ、異なる入力回路または電流入力で使用可能です。出力電圧レンジは、-10 V ~ +10 V の範囲内で各アナログ出力別にプログラム可能です。

また、4 つのデジタル入力及び出力を持っています。出力電圧レンジを自由に選択可能で、入力のしきい値の切替は選択した電圧レンジに基づいて自動で調整します。出力は短絡保護されています。

CANio 500 は、CANopen 及び標準 CAN システムにおける運用性が特長です。このため、CANio 500 はノード ID やアナログ入力のサンプリングレートなど、重要なパラメーターをデフォルト値としてデバイス上に保存することができる自律起動 CANopen スレーブとして設計されています。 これにより、さらなる設定をすることなく、デバイスは起動後すぐに標準 CAN システムで動作を開始することが可能です。

CANio 500 のアプリケーション別の各設定は、CANopen マスターから設定データを読み込む、CAN ネットワークで設定メッセージを送信する、または無償で提供される CANio 設定ツールによりオフラインで行うことが可能です。CANio 設定ツールを使用して作成された設定は、プロジェクトとして保存でき、お客様のご要望によりご注文いただいたデバイスの出荷前にプレインストールも可能です。

製品内容に含まれている CANio 設定ツールを使用して、容易にかつ迅速に CANio 250 及び CANio 500 の設定が可能です。設定ファイルをデバイスにダウンロードするためには、USB-to-CAN V2 compact のような CAN インターフェースが必要です。 Windows 用設定ツールの機能は次のとおりです。

  • CAN パラメータ設定(ボーレート、メッセージ ID、サイクルタイム) 
  • デジタル入力(割り込み容量、デバウンス時間)及びアナログ入力(CANio 500 のみ、割り込み容量、デルタ値)の設定
  • デジタル出力の設定(デフォルト値)及びアナログ出力(CANio 500 のみ、出力電圧範囲、デフォルト値)   
  • ファームウェアアップデート
  • 設定ファイルに設定を保存し、設定ファイルをインポート

 
設定ツールのダウンロードはこちら 

Configuration Tool for the IXXAT IO Modules

型式

1.01.0098.00000 CANio 500 - 0 ~ 10 V アナログ入力機種
1.01.0098.00001 CANio 500 - -5 ~ +5 V アナログ入力機種
1.01.0098.00002 CANio 500 - +/- 100 mA アナログ入力機種

ご質問はこちらへ

製品についてのご質問、お見積など、どうぞお気軽にお問い合わせください。
テクニカルサービス

開発サービスと OEM 製品

ブランドラベルの変更からハードウェア、ソフトウェアの修正、完全なカスタマイズ製品の設計まで、あらゆるサービスを提供します。
Industry

ひとつの製品から広がる多くのアプリケーション

産業オートメーションから自動車テストシステムに至るまで、HMS は幅広い産業およびアプリケーション向けにフレキシブルなソリューションを提供しています。

CAN 対応のすべてが揃います

HMS は、Ixxat と Anybus ブランドで CAN や CAN FD、CAN ベースプロトコルに対応した製品を 200 種以上取り揃えています。