プロトコルソフトウェアと API

Ixxat のプロトコルソフトウェアと API は、組み込みシステムや PC ベースのシステムへの CANopen、CANopen FD、SAE J1939、EtherNet/IP の実装を簡単かつ短期間で実現します。

 

HMS は Ixxat ブランドのプロトコルソフトウェアや API のほか、emotas 社や Pyramid Solutions 社のプロトコルソフトウェアを提供しています。

IXXAT Protocol Stacks and APIs

HMS_web-icon_Code

さまざまなシステムに対応

モジュール式で ANSI-C 互換のソフトウェアパッケージは、さまざまなターゲットプラットフォームに対応します。
HMS_web-icon_installers-and-mainteners

いつでも最新の仕様

最新のプロトコル仕様に合わせて、ソフトウェアのメンテナンスを継続的に行っています。
HMS_web-icon_Finance

開発期間の短縮

複雑なプロトコルも迅速に実装することで、市場展開までの期間を短縮し、開発期間の短縮とコスト削減を実現します。

emotas CANopen Slave Stack

emotas 社の CANopen Slave Stack Basic は、CANopen 通信プロファイル CiA301 V4.2 に準ずるさまざまな通信サービスを提供するソフトウェアライブラリです。

このスタックは ANSI C で開発され、MISRA に準拠し、CANopen 対応機器の迅速かつ簡単な開発や拡張を可能にします。

 

emotas CANopen Stack

CANopen Stack

特長

emotas-logo
  • ANSI C 対応の CANopen ソースコードスタック
  • MISRA-C 準拠
  • CiA301 のすべての CANopen サービスをサポート
  • レイヤーセッティングサービス(LSS)CiA305 を含む
  • その他の規格向け拡張機能が利用可能
  • 多くの CAN コントローラーや CPU で使用可能
  • 分かりやすいユーザーインターフェース
  • 広範囲にわたる設定と拡張が可能

 

各種スタック(スレーブ、マスター/スレーブ、マネージャー)が対応する機能と、サポートしているサービスについては次のリンク先を参照してください。

対応するコントローラー     詳細機能

動作のしくみ

CANopen Slave Stack には標準のサービスに加えて、冗長通信(CiA302)、安全関連通信(CiA304)、ジェネリック I/O モジュール(CiA401)のようなデバイスプロファイル実装など、追加の通信プロファイル向けの拡張機能があります。

フレキシブルなユーザーインターフェースには、受信データの評価、ネットワーク上で CANopen サービスを使用するための機能が備わっています。
ドライバーインターフェースは、CANopen Slave Stack をさまざまな CAN コントローラーや CPU と接続することを想定して定義されています。そのため、新しい CAN コントローラーや CPU にも簡単に対応できます。また、ほんの少しの作業でハードウェアの置き換えも可能です。CANopen Slave Stack は、ThreadX、FreeRTOS、Keil RTX、または TI-RTOS といったさまざまなリアルタイム OS 上で使用可能であり、同様に Linux(SocketCAN、can4linux)や QNX、さらには Windows 向けのリアルタイム拡張上でも使用することができます。

関数 API に加えて、マルチスレッド、マルチタスクで使いやすいメールボックス API も備わっています。アプリケーションモジュールと CANopen Stack 間のメッセージは、関数コールではなくメールボックスを経由して送られるため、ノンブロッキング通信が保証されます。1つのアプリケーションを、CANopen Stack を並列で使用する複数のタスクから構成することも可能です。

リソースを節約するために、CANopen Slave Stack は広範囲に設定、拡張できるようになっています。それらの設定は、グラフィカルな設定ツールである CANopen DeviceDesigner で行います。CANopen DeviceDesigner では、内蔵のデータベースを使用してオブジェクトディクショナリーや EDS ファイルの生成もできます。そのため、変更点がすばやく簡単に反映され、開発時間の短縮を図ることができます。

CANopen Stack をできるだけ簡単に使い始めることができるよう、すぐに使用できるサンプルが提供されます。さらに、スタックの仕組みや使用事例を説明するユーザーマニュアルや、各 API 機能を詳しく解説するリファレンスマニュアルが製品に同梱されています。CANopen Conformance Test による仕様準拠の確認は定期的に行われています。

システム要件

  • ANSI-C compiler

CANopen プロファイル

CANopen では数多くのデバイスやアプリケーションのプロファイルが定義されており、その中で、対象となるデバイスのインターフェースや動作が規定されています。そのようなプロファイルの機能をサポートし、アプリケーションに対してデータやイベントをあらかじめ規定された方法で提供するための拡張機能をご用意しています。現在提供しているプロファイルの拡張機能は次のとおりです。

  • CiA 401 - 汎用 I/O モジュール
  • CiA 402 - ドライブとモーションコントロール
  • CiA 404 - 測定デバイスとクローズドループコントローラー
  • CiA 406 - エンコーダー
  • CiA 413 - トラック用ゲートウェイ
  • CiA 418 - バッテリーモジュール
  • CiA 419 - バッテリーチャージャー
  • CiA 437 - グリッドベース太陽光発電システム
  • CiA 443 - 海中用機器(SIIS Level 2 デバイス)
  • CiA 447 - 特殊車両用アドオンデバイス(タクシー、警察車両など)
  • CiA 454 - 軽電気車両などにおけるエネルギー管理システム(EnergyBus)

さらに前述のように、ほかのプロファイル向けの CANopen アプリケーションも、CANopen Slave Stack を使用して開発することができます。

製品およびライセンスの内容

  • CANopen プロトコルソースコード(ANSI C 準拠)
  • すぐに実行できるサンプルアプリケーション
  • ユーザーマニュアルおよびリファレンスマニュアル
  • Project License(1 プロジェクトおよび 1 ハードウェアに有効)または
    Site License(1 開発サイトにおけるすべての製品について有効)として利用可能
  • 6 ヶ月間(Project License)または 24 ヶ月間(Site License)のサポート
  • 延長メンテナンス契約(オプション)
  • システム組み込みサポート(オプション)
  • CANopen DeviceDesigner の named-user license が 1 ライセンス付属

型式

お問い合わせください emotas CANopen Slave Stack

すべてのソフトウェアパッケージについて、
以下のような包括的なサービスを提供します

  • テクニカルサポート(導入説明も含む)
  • 仕様決定や最終製品のコンフォーマンステストまでの、さまざまな開発段階での技術コンサルティング ※
  • ソフトウェア変更、実装、評価、ハードウェアカスタムの開発を含む実装サポート ※

※ ドイツ開発部門との連携による有償サービス

 

 

ご質問はこちらへ

製品についてのご質問、お見積など、どうぞお気軽にお問い合わせください。
テクニカルサービス

開発サービスと OEM 製品

ブランドラベルの変更からハードウェア、ソフトウェアの修正、完全なカスタマイズ製品の設計まで、あらゆるサービスを提供します。
Industry

ひとつの製品から広がる多くのアプリケーション

産業オートメーションから自動車テストシステムに至るまで、HMS は幅広い産業およびアプリケーション向けにフレキシブルなソリューションを提供しています。