対応コントローラー

emotas CANopen スタックおよび J1939 スタックが現時点で対応しているチップメーカーとその製品シリーズは次のとおりです。

 

Manufacturer
Types
ATMEL ATmega64C, AT90CAN64, AT90CAN128, SAM C21, SAM V71
BOSCH C_CAN, D_CAN, M_CAN
NXP Kinetis, S12Z, HCS12, i.MX6 (Linux, INTEGRITY OS), MPC560x, KEAZ128, S32K146,LPC17xx, LPC40xx, LPC546xx
Infineon XMC4000 (ARM Cortex-M4, MultiCAN), XMC1400 (Cortex-M0)
Intel x86 Architecture
Microchip dsPIC33, PIC24H, PIC32MK
NuvoTon NUC130, NUC140 
Renesas RL78/F14, RX62, RX63N, RX65N, V850E2, RH850/F1L, RH850/F1KH-D8, Synergy S1,S3,S5,S7
ST Microelectronics all STM32 (ARM Cortex-M0, Cortex-M3, Cortex-M4, Cortex-M7, bxCAN, M_CAN) including latest STM32G4 and STM32MP1,SPC570S
Texas Instruments RTMS320, C2000, TMS570 (Hercules), Tiva TM4C129, Sitara AM335x
LINUX systems can4linux, SocketCAN, ECI
Windows (x84-64) systems various CAN interfaces

 

これは製品シリーズの一覧表です。どのメーカーも、周辺機器や最大クロック速度、筐体サイズが異なる数多くの機種を各製品シリーズから提供しています。ピンの数やピン配置もそれぞれ異なります。

 

 

CANopen スタックは、次のコンパイラーまたは
IDE で使用することができます。

 

  • gcc
  • Green Hills Compiler (PPC) by Green Hills Software
  • ARM Keil Compiler
  • IAR Embedded Workbench by IAR Systems
  • Atmel Studio
  • STM32CubeIDE
  • Atollic True Studio
  • MPLAB X
  • Renesas e2Studio with Renesas Compiler

など