canAnalyser for CAN, CANopen, DeviceNet and J1939

canAnalyser 3 Suite

CAN、CAN FD、LIN、CANopen、DeviceNet、SAE J1939 ネットワークの開発やテスト、メンテナンスに使える汎用的な解析ツールです。

HMS_web-icon_High performance

スケーラブル

機能性と価格の点で最良の方法でお客様の要件を満たすため、canAnalyser には「Mini」、「Lite」、「Standard」の 3 つの機種があります。

HMS_web-icon_protocol-translator

高い汎用性

CAN、CAN FD、CANopen、SAE、J1939、DeviceNet、LIN ベースのシステムに対応し、上位層プロトコルの解釈を行います。

HMS_web-icon_Code

拡張可能

canAnalyser の .NET インターフェースは、モジュールの追加によってツールの拡張が可能です。

HMS_web-icon_Drivers

パワフル

バス負荷やボーレートが高い状況でもメッセージの受信と処理をタイムリーに行います。

HMS_web-icon_Interfaces

フレキシブルな送信

デバイスやシステムへの入力は、単発または周期的なメッセージ、コマンド制御メッセージシーケンス全体の送信によって行います。

 

HMS_web-icon_auto-updates

ロギングとオンライン監視

解釈したシグナル表示によるメッセージトラフィックのオンライン解析、またはパワフルなトリガー機能を用いたメッセージの記録を行います。

canAnalyser Mini/Lite/Standard

開発、テスト、メンテナンス用解析ツール

canAnalyser は、CAN、CAN FD、LIN ベースシステムの開発やテスト、メンテナンスに使用できる汎用的な解析ツールです。ソフトウェアパッケージはモジュール式で、機能やモジュールセットの異なる 3 つのタイプ(Mini、Lite、Standard)があります。


canAnalyser V3 デモ版のダウンロード

Order codes: 1.12.0133.31000, 1.12.0166.31000

canAnalyser

機能範囲

Mini/Lite/Standard:機能比較表

機能
モジュール canAnalyser
Mini
canAnalyser
Lite 3
canAnalyser
Standard 3
 計測設定
対応 CAN コントローラー数 1 1 64
CAN コントローラーあたりのファンクションモジュール(同時起動)数
1 1 モジュール/機能 制限なし
 送信
ブロードキャスティングリスト経由で CAN レイヤー2 形式でメッセージを送信(単発 / 周期的) Transmit
データベースに基づきシグナルを送信
Signal
Transmit
送信制御用の簡単なコマンドを使用して CAN レイヤー2 形式でシーケンスを送信 Sequencer
 受信と表示
CAN レイヤー2 形式でメッセージを受信してオンライン表示
Receive 〇(スクロール表示のみ) 〇(上書き/スクロール表示) 〇(上書き/スクロール表示)
受信中のフィルタリング
Receive
シグナルを受信し、データベースに基づき解釈しオンライン表示(上書き / スクロール)
Signal シグナル 5 つまで
受信したシグナルを時間軸でグラフィック表示
Signal シグナル 5 つまで
統計値の表示(バス負荷、エラーフレームの数等)
Signal
範囲値オーバーフローのログ Signal
受信メッセージの度数分布をグラフィック表示
Histogram
 記録 / プレイバック
後で分析するためにハードディスクに記録
Trace 〇(最大 1GB) 〇(制限なし) 〇(制限なし)
記録中のフィルタリングとトリガー機能
Trace
後で分析するためにハードディスクに記録(フィルターとトリガー機能を含む)
Trace
分析のために記録を CAN バスやモジュール上でプレイバック
Replay
 適用と拡張
C# および Visual-Basic .NET スクリプトを使用してお客様自身で計測・分析機能を簡単に開発 Scripting
Host
お客様独自モジュール(.NET モジュール)による拡張のためのオープンインターフェース
カスタマイズ
 プロトコル解釈
CANopen 仕様に準拠して CANopen メッセージを表示 CANopen オプション オプション
DeviceNet 仕様に準拠して DeviceNet メッセージを表示
DeviceNet オプション オプション
SAE J1939 仕様に準拠して SAE J1939 メッセージを表示 J1939 オプション オプション

その他の機能

canAnalyser には、シンプルなネットワーク解析から詳しい解析、複雑なアプリケーションのエミュレーションまで、アプリケーションのあらゆる分野をカバーする機能が含まれています。

簡単な操作

  • ドッキング可能なウィンドウ – テストセットアップのウィンドウを自由にレイアウト
  • ウィンドウの同期 – ダブルクリックですべてのウィンドウにある同じメッセージにジャンプ可能
  • ツリー構造により、マウスを数回クリックするだけで計測設定を作成
  • ウィンドウやモジュールの配置はレイアウトとして保存、レイアウト間のすばやい切替はショートカットキーで可能
  • 計測設定は保存することができ、他の解析システムによる使用、システム上にあるハードウェアへの適用にも対応


簡単かつ直感的なネットワーク解析

  • 設定可能なトリガーやフィルター条件に基づき長期記録されたデータを簡単にエラー解析(ハードドライブ上で Online Trace)
  • メッセージデータベースにより ID ネームマッピング、受信シグナルの解釈、物理的変数の表示が可能
  • メッセージデータベースに CANdb、FIBEX、LDF、DIM 形式でインポート
  • シグナル解釈をサポートするデータベースでは、受信と送信の方向でデータベースシグナルを使用
  • データベースシグナルと共に統計値(バス負荷、エラーフレーム等)をグラフィック表示


パワフルかつ多用途

  • 受信オブジェクト 1µs までの分解能を持つ高精度のタイムスタンプ(使用するハードウェアに依存)
  • すべての Ixxat PC/CAN インターフェースに対応
  • CAN 11 bit および 29 bit ID、CAN FD に対応
  • オプションのパッシブモード– canAnalyser に接続された CAN システムへの影響なし
  • オンライン / オフライン解析(バスインターフェース不要)

システム要件

  • Windows7 (32/64 Bit) / Windows8 (32/64 Bit) / Windows10 (32/64 Bit) を搭載した PC
  • Ixxat PC CAN インターフェースおよび VCI ドライバー

製品内容

  • ソフトウェア(1 ユーザーライセンス)
  • プログラミングインターフェースを使用するためのサンプルプログラム
  • ユーザーマニュアル
  • USB ライセンスキー

型式

1.12.0133.31000 canAnalyser Standard
1.12.0166.31000 canAnalyser Lite
最新の VCI ドライバーに同梱 canAnalyser Mini

 

型式

canAnalyser Bundle の製品内容

 

1.03.0133.30001 canAnalyser、CANopen Module、USB-to-CAN V2 professional ガルバニック絶縁タイプ
1.03.0133.30002 canAnalyser、DeviceNet Module、USB-to-CAN V2 professional ガルバニック絶縁タイプ
1.03.0133.30003 canAnalyser、SAE J1939 Module、USB-to-CAN V2 professional ガルバニック絶縁タイプ

canAnalyser イメージギャラリー
(クリックしてさまざまな種類の canAnalyser とエクステンションモジュールを表示)

モジュールコンセプト
(クリックして詳細を表示)

広範囲にわたる機能をシンプルに分かりやすく配置表示したコントロールパネルは canAnalyser の大きな特長です。このコントロールパネルを使用して、さまざまな機能モジュールを起動、制御します。canAnalyser のファンクションモジュールはすべて、実際の CAN、CAN FD、LIN コントローラー(Ixxat PC/CAN インターフェース)に割り当てられた仮想バスに接続されます。仮想バスとは、計測を実行するコンピューターから計測設定が独立していることを意味するため、計測設定を他のコンピュータに直接コピーすることが可能です。

canAnalyser Software Concept

ご質問はこちらへ

製品についてのご質問、お見積など、どうぞお気軽にお問い合わせください。
テクニカルサービス

開発サービスと OEM 製品

ブランドラベルの変更からハードウェア、ソフトウェアの修正、完全なカスタマイズ製品の設計まで、あらゆるサービスを提供します。
Industry

ひとつの製品から広がる多くのアプリケーション

産業オートメーションから自動車テストシステムに至るまで、HMS は幅広い産業およびアプリケーション向けにフレキシブルなソリューションを提供しています。